ストライクHMBの注目成分クレアチンの効能は?

ストライクHMBの特徴

ストライクHMBには必須アミノ酸であるロイシンの代謝物であるHMB、エネルギーの産生に役立つクレアチンが含まれています。HMBでタンパク質を合成する材料を生み出し、クレアチンのエネルギーで合成を促進するという仕組みとなっています。人が運動をすると筋肉の組織は少しずつ破壊されていきます。その状態から回復する時に筋肉は強化されます。

しかし、タンパク質を合成するエネルギーが足りない場合には筋肉が破壊されたままとなってしまいます。そこでクレアチンによってエネルギーが与えられると筋肉の回復がスムーズに行われ、さらなる増強が期待されるというのがストライクHMBの大きな効能です。また、そのエネルギーには持久力を高める作用もあるため、長い時間をかけてトレーニングを行うことも可能です。

特に筋肉の破壊と再生を繰り返す筋力トレーニングにはうってつけと言えます。加えて、高齢者のリハビリテーションなどにおいても効果を発揮します。年齢を問わず筋肉に大きな負荷をかける時には是非摂取しておきたい成分です。また、トレーニングの負荷に応じて摂取量を調整することも出来るので、非常に使いやすいとも言えます。

 

ストライクHBMの意外な効果とは

ストライクHMBの意外な効能として学習能力の向上が挙げられます。ストライクHMBに含まれる成分のうち必須アミノ酸は脳や神経細胞にも存在する成分です。そのため、クレアチンなどの成分が脳や神経に作用することで活力を与えます。これにより、思考が活性化したり、記憶力が向上したりといったことが期待できます。勉強や仕事など脳を使った後には激しい運動を行った時と行った同じくらい疲労が溜まります。

そのまま放置してしまうと翌日や翌々日まで疲れを回復出来ないというケースもあります。ストライクHMBを摂取していれば体全体の疲労感から素早く回復できるので、翌日はもう一度新たな気持ちで勉強や仕事に取り組むことができます。必須アミノ酸は食事によって摂取することも可能ですが、常にバランス良く取り入れることは難しく、加えてカロリーの問題もあります。

ストライクHMBであれば食事と異なり、バランスが乱れることもありません。運動の30分前など摂取するタイミングを調整しやすいのも魅力です。ただ、摂取しすぎると上手く消費できないこともあるので 、所定の量を上回らないように注意が必要です。やや減らして摂取することは問題ありません。

詳細はこちらです→【効果なし!?】ストライクHMBで筋トレした私の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です