えん麦のちからは玄米の約9倍の食物繊維が入っている

食物繊維が豊富なえん麦の魅力

えん麦は、水溶性の食物繊維が豊富なβ-グルカンが配合されており、人体にも栄養機能が高い食品の一つとして世界的に注目されています。えん麦の栽培は、中国においても2000年以上も前から栽培されてきた作物の一種で、それは貧しい人々の健康を支えていた特徴を持っており、玄米と比べても栄養バランスにも非常に優れている食物です。

えん麦のちからは、水溶性植物繊維の豊富なえん麦を原料として製造された健康食品で牛乳や豆乳、料理に入れたりして摂取することができるタイプの商品です。えん麦のちからの包装は。個別包装タイプで一食分ずつ小分けされているため、内容量13gを摂取する形になります。ちなみに種類にはプルーン、カカオ、オリゴ糖配合タイプに分けられ、お好みで選択することもできます。

同じような食物繊維が豊富な食品には玄米が存在しますが、その水溶性・不溶性のタイプであれば約9倍もの量を含んでいます。それだけでなく生活に欠かせない鉄分は約7倍、カルシウムに至っては約26倍もの量が存在します。貧血を起こしがちな女性の方や骨粗しょう症に悩む高齢者の方、発育盛りの子供にも優れた成分となりますので、えん麦のちからを毎日摂取し続ければ、それだけで家族の健康をサポートしてくれる健康食品です。

 

えん麦のちからの驚くべきパワー

えん麦のちからの原料はえん麦ですが、その中のβ-グルカンを効率よく摂取できる様に開発されている点は重要なポイントです。白米を食べると糖分の摂取の問題があり、その他塩分の過多、肉や脂の摂取だけでは高血圧、脂質異常、糖尿病などの病気にも繋がることが多くなります。またパン食でもえん麦ほどの優れた成分バランスを実現しているわけでありません。

えん麦を常食している地方の人は、高血圧、脂質異常、糖尿病などの病気を患う人が少ないというのが統計に出ており、その原因はえん麦を摂取していることによるものだと解明されています。食物繊維は便通を良くする効果があり、しかも脂質分、糖分などを吸収し、それを便と一緒に排出する働きを持っています。つまりえん麦を食べることで、体の生活習慣病の原因物質を除去し、腸内環境まで良くすることが可能となるのです。

ただえん麦は、生活習慣病などにも優れた働きをしますが、日本では非常になじみの薄い作物であるため、それを意識的に摂取することは難しいです。そういった時にはえん麦のちからで摂取することで、簡単に体調を整えたり、ダイエットにも効果的となります。腸内フローラと聞くとよくヨーグルトの乳酸菌などがイメージされますが、えん麦のβ-グルカンは腸内フローラを実現できる成分となり、人々の健康にも優れています。

参考サイトの詳細はこちら→えん麦のちからを30日間試してみたわたしの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です